個人情報の取扱いについて  
 
 
 
 
 

ピーマン・とうがらし・カラーピーマン

  詳細情報のPDF書類をご覧頂くためには、
Adobe Acrobat Readerが必要です。
*規格および価格は最新カタログにてご確認ください。











 
 



   
 
●松の舞とうがらし

40粒
   

味のよい豊産ジャンボ とうがらし

◆特性
  • 草姿は半開張性で、葉は中葉、草勢はやや強く分枝の発生も多く成り休みが少ない豊産早生種です。
  • 果長10〜12cm、果重20〜25g、長三角形のニュータイプとうがらしで果肉厚くやわらかです。果色は光沢のある鮮緑色で美しく、とうがらし特有の風味があり、焼きとうがらしの他、煮炊、油炒めにして美味しいです。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




 
●PRうまから


40粒
   

適度の辛味、風味豊かな 疫病抵抗性赤とうがらし

◆特性
  1. 草姿は立性で草丈はやや高く、側枝の発生が適度で収穫しやすく、密植栽培が可能です。
  2. 果形は果長14 〜16cm、果径2.0〜2.3cmの細長果で、果色は淡緑から完熟すると光沢のある美 しい濃赤色となります。
  3. 極早生種で初期収量が高く、疫病抵抗性のため生育後半まで安定して収穫できる多収穫品種です。
  4. 果実は適度の辛味があり風味豊かで、完熟後は生食用・加工用いずれにも適します。油いため、鍋物の薬味や漬物などの香辛料に利用します
◆栽培のポイント
  1. 草丈がやや高くなる品種のため、180cm程度の支柱を準備し、誘引をしっかり行います。
  2. 生育後半まで連続着果するため肥料切れに注意して適宜追肥を施します。
  3. 過繁茂になりにくい品種なので、栽植密度はうね幅150cm、株間30cm 一条植を基準とした密植栽培が可能です。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




 
●ひじり  

1ml
   

低温伸長性・着果力に優れた 中獅子タイプ

◆特性
  • 草姿は半開張性で、やや大葉、草勢は特に旺盛で分枝力が強いです。
    幅広い作型に向き、特に低温伸長性、着果力に優れているのでハウス促成などの長期穫り栽培で特性を発揮します。
  • 果実はやや長めの中獅子型、果重30〜40gで鮮緑色となり秀品率が高いです。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




 
●ししまろ (MPX-311)


30粒
   

作りやすく秀品率の高いF1ししとう

◆特性
  1. 営利出荷、家庭菜園のどちらにも最適なF1ししとうです。
  2. 草勢はやや強めで作りやすく成り疲れにもなりにくく、分枝数も多く収量性の高い品種です。
  3. 果実はツヤのある美しい鮮緑色を呈し、特に曲がり果の発生は少なく秀品率が高いです。また、辛味の発生も少なく食味は良好です。
◆栽培のポイント
  1. 定植は一番花の開花直前とし、極端な若苗や老化苗は避けます。
  2. 着果の最盛期には着果負担が大きくなり草勢が落ちやすいので、追肥、潅水を適宜行い草勢の維持に努めます。




 
●ころすけ (MPX-300)


30粒
   

可愛い小型ピーマン! 甘くてくせがなく、色々な料理に最適!!

◆特性
  1. ピーマン臭が少ない極めて肉厚の小型ピーマンです。食味にくせがなく、果肉は食べ応えがあり、素焼きや炒め物、てんぷら、煮物等の様々な料理に利用して美味です。
  2. 果実はツヤのある濃緑色で果重は40g程度となります。変形果の発生は極めて少なく、秀品率に優れています。また、辛味果の発生は全くなく、安心して 栽培ができます。
  3. 草勢は中程度となり、草姿は半開帳性の早生種で、営利栽培においても早くから収穫が可能です。また、たいへん作りやすい品種ですので、家庭菜園にも最適です。
◆栽培のポイント
  1. 定植は一番花の開花直前の苗とし、極端な若苗や老化苗にならないようにします。
  2. 着果数が多いので草勢を維持するように努めます。追肥や潅水は適宜行うとともにしっかりした誘引で垂れ枝にならないように注意します。









 
カラーピーマン パプリ 一代交配


各9粒
 

  彩り鮮やかな完熟ピーマン

◆特性
  • 開花後60日位で収穫となるカラフルなジャンボピーマンです。
  • カロテン・ビタミンCが豊富でピーマン臭さが少なく甘酸っぱい味はサラダのほか和・洋・中を問わず多くの料理に適します。
  • 果肉は厚くサラダ料理の色づけによく生食以外にも、 幅広い料理に利用できます。完熟果はもちろん、未熟 果(青果)でも間引き果として収穫できます。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
パプリレッド

栽培容易で高糖度の赤色種

開花後60日より収穫可能で、収穫期間を通じて着果・果形は安定しています。草勢は中ぐらい、栽培も比較的容易です。
パプリゴールド

収量性に優れた黄色種

開花後60日より収穫可能で、 果実は240〜260gの大果となり、揃いよく高糖度で肉厚・食味ともに上々です。
パプリオレンジ

鮮やかなオレンジ色の豊産種

開花後55〜60日で収穫が可能。草勢はやや強めとなり、揃いよく高糖度で、 肉厚・食味とも上々です。
パプリパープル    

栽培容易で高糖度の紫色種

開花後55〜60日より収穫可能で、収穫期間を通じて着果・果形は安定しています。草勢はやや強め、栽培も比較的容易です。
パプリホワイト     

栽培容易で高糖度の白色種

開花後55〜60日より収穫可能で、収穫期間を通じて着果・果形は安定しています。草勢はやや強め、栽培も比較的容易です。
 




 
カラーピーマン ちびパプ 一代交配


ちびパプレッド
5粒
 
ちびパプゴールド
5粒
 
ちびパプオレンジ
5粒
 
ちびパプパープル
5粒
 
ちびパプ4色混合
各色3粒
 

作りやすくてカワイイ!手のひらサイズのミニパプリカ      
小さくてもしっかり美味しい!詰め合わせると荷姿も綺麗ですよ


◆特性
  • 果重は40〜60g(パープルは15〜40g)くらいの可愛いミニサイ ズのカラーピーマンです。
  • 開花後55日位で収穫期となります。
    (パープルのみ着果直後から 紫色ですが他の3色位の大きさになるには40〜50日位かかります)
  • マリネや炒め物、サラダ等はもちろん、糖度が高く食べやすいサイズなので、そのまま丸ごと食べても美味しい品種です。
  • 果色は濃赤色、鮮黄色、鮮オレンジ色、美しい紫色の4色があり、 単色販売でも、組み合わせにしてセットで袋に入れても美しい荷姿になります。
  • 秀品率は高く着果性にも優れ、収益性が高い品種です。草勢は中位で栽培し易いです。
◆栽培のポイント
  1. 定植苗は一番花の開花直前くらいとし、3本または4本仕立ての1条植えを基準とします。
  2. 樹勢の維持を図るため、樹勢の状態を考慮しながら1〜2番花は摘花 します。3番花以降での収穫を基本とし、分枝は2節で摘芯します。
  3. 着果性の高い品種ですので、誘引 はしっかりと行い、早めの潅水と追肥を心がけます。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
 
露地でも作れます!
着果性に優れ、果実が小さいので、露地でもピーマンを作る感覚で栽培可能です。ただ、着色までに時間がかかり着荷個数が増えていくので誘引はしっかり行ってください。




 
●パプリ娘。 (ぱぷりこ)

色どり彩やか、着果性に優れた 中型カラーピーマン

◆特性
  • 果実は120g前後となるカラーピーマンで、濃赤色、鮮黄色、鮮オレンジ色の3色があります。果肉は厚く食味も良好で、外観も美しいです。
  • 未熟果はいずれも緑色で、開花後55日位から収穫できます。 また従来のカラーピーマンよりも着果性に優れています。
  • 草勢はやや旺盛で、節間は中位となり、家庭菜園はもちろん、ハウス雨除け栽培、越冬栽培などにも適します。
 
◆栽培のポイント
  • 播種・育苗
    市販のたねまき用土等、病気汚染のない用土を使用します。発芽をよくするために、播種後は25〜30度で管理し、乾燥させないように適湿を保ちます。
    本葉が2枚のとき(播種後20日前後)に10.5cm以上のポリポットに鉢上げ(移植)を行います。鉢上げ後は徒長防止のために適宜、鉢の間隔をあけて十分な光をあて、しっかりした苗づくりに努めます。
  • 定植
    定植適期の苗の大きさは一番花が開花する直前の苗です。元肥は10aあたりの成分量で窒素20kg、リン酸30kg、カリ20kgを基準とします。
    植え付けは畝幅150〜180cm、2本仕立ての場合で株間25cm、4本仕立てで45cmの1条植えとします。
  • 仕立て方
    本葉10枚程度になると分枝し、その後、節ごとに2本づつ分枝していきます。分枝した2本の枝は太い枝と細い枝になるので太い方を主枝と見立てて2〜4本の主枝とします。
    細い方の枝は側枝と見立てて1,2節で摘心します。なお第1分枝より下に発生する腋芽は取り除きます。
  • 摘果
    初期から着果させると草勢が弱まるので、下から数えて3節目までの花(1〜3番花)は摘花して草勢を強めます。その後4節目から着果させます。果実は主枝にのみ着果させ、側枝についた果実は摘果します。
  • 追肥
    最初に着果させた果実がゴルフボール程度の大きさになってからおこないます。その後生育をみながら2〜3週間ごとに施します。追肥1回分の量は10aあたり窒素成分量で2〜3kgです。
  • 収穫
    果実の表面が9割程度、着色した時点で収穫します。高温期には収穫が遅れると障害が発生しやすいので注意します。
下記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。

↑ハウス栽培用

↑抑制及び促成栽培用
5粒
 




 
●パプロング (レッド・ゴールド)

ボリューム満点! 色鮮やかな ジャンボカラーピーマン!

◆特性
  1. 果実の長さが20cm前後となり、直径も5〜6cm位になる、長型の赤色・黄色ジャンボカラーピーマンです。
  2. 糖度が高く食味は良好です。また、細長い形状のため、輪切りにしやすく省力的な調理・加工が可能です。
  3. 草勢は旺盛で作り易く、着果のよい品種です。
◆栽培のポイント
  1. 定植適期の苗の多きさは、一番花が開花する直前の苗です。
  2. 初期から着果させると草勢が弱まるので、1〜3番花は摘花して草勢を強めます。
  3. 品種の特性上、果実の一部に緑色が残ることがあります。
下記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
9粒
 





 


お問い合せはこちら→tane@marutane.com