の西瓜シリーズ


 









大玉スイカ
えいかん#15
 




●甘 泉 (かんせん)


9粒
 

ハウス・大型トンネルの前進栽培で、 変形果なしの早出し西瓜

●特性
  1. 初期から草勢強く、葉はやや大きく、蔓は太い方で子蔓の発生も一斉によく出ます。低温期の雌花の発現は良好で花粉の力も強く、前進栽培での着果が容易で、安定した収穫が望め、耐病性も強い品種です。
  2. 果実は濃緑地に鮮明で太い17〜19条の条班を現し腰高の見るからに力強いボリューム感がある。輸送性は強く、早生系でありながら6kg平均の大玉種で、変形果は極めて少なく秀品率の高い特徴をもっています。
  3. 果肉は鮮紅色で、繊維が非常に細く、肉質ち密でシャリがあり、糖度は12度以上になり、肉質の安定期間は早生種としては長い方で店もちもよく、食味は最高です。
    また、南瓜台の栽培に於いても肉質・食味の低下の少ない品種です。
  4. ハウス・大型トンネル栽培の前進栽培に適し、5月収穫で開花後48〜52日位、6月収穫で開花後42〜45日位、7月収穫で開花後35〜40日位を目安にして下さい。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●ロイヤル甘泉


9粒
 
着果安定・玉伸び抜群 味のよい早生種

●特性
  1. ハウス・大型トンネル栽培に適した早生種で、草勢やや強く葉は中葉、蔓は中位で、低温伸長性が優れています。 また雌花の出現よく、着果が容易で安定した収穫が望めます。
  2. 果実はやや腰高で濃緑、変形果が少なく果重は6kg前後でよく揃います。 果肉は鮮桃紅色で色ムラが少なく、肉質は繊維が細くシャリがあり糖度は12度前後で安定し食味は最高です。
  3. 成熟日数はハウス半促成栽培(5月〜6月上旬収穫)で開花後48日位、 大型トンネル栽培(6月中〜中旬収穫)で開花後45日位を目安にします。
  4. 台木はユウガオの他、南瓜にも相性抜群です。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●スーパー甘泉

 
9粒
 

作り易い早出しスイカ

●特性
  1. ハウス・トンネルの早出し専用種です。抑制栽培・立体栽培にも適します。
    また雌花の出現よく、着果が容易で安定した収穫が望めます。
  2. 低温期のつる伸びと着果、果実肥大が優れています。果実はやや腰高の球形で、果重は5〜7kgです。
  3. 果肉は鮮桃紅色でシャリがあり、糖度は12〜13度です。
下記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●栄冠 (えいかん)  MWX-103

低温着果性に優れ、果肉のしまり、シャリ高に富む食味抜群の大玉スイカ

●特性
  1. 草勢は中位で低温伸長性に優れ、低温募日照下でも 花粉の発生が良く着果の安定した品種です。また着果後の初期肥大が早い特長があります。
  2. 果実はやや腰高で肩張り良く、濃緑の外皮に中太の縞が入り、玉伸び・玉揃い良く、7〜8kgになります。
  3. 果肉は濃い鮮紅色で色付き良く、緻密な肉質でしまり・シャリ感があり、高糖度で特に食味が優れます。
  4. ハウス促成・抑制栽培では3本1果・トンネル栽培で は2〜3本1果、又は4本2果穫りに適します。
●栽培のポイント
  • つるの生育がよく揃い、仕立てが容易です。雌花着生が良好で着果が安定します。初期生育は旺盛で着果後の草勢は中位です。
  • 大玉収穫を狙う栽培では、着果後から収穫期まで肥効が持続する管理が有効です。
  • 食味を重視した完熟栽培をお奨めします。熟期はハウス半促成栽培の5月下旬〜6月上旬収穫で50〜53日、大型トンネル栽培の6 月中旬収穫で47〜50日、7月収穫で40〜45日が目安です。(日数は気象・栽培条件により前後します)
下記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
7粒
 




●甘 喜 (かんき)

9粒
 

玉伸び抜群、作り易い多収品種

●特性
  1. 初期から生育旺盛で葉姿が大きい品種です。 低温期の伸長性が優れています。
  2. シャリ感に富む肉質が特徴です。 果肉は鮮桃紅色で色ムラが少なく、外果皮と果肉の境目が鮮明です。 糖度は12〜13度に安定しています。
  3. 7〜8kgの大玉に揃い、二次肥大による変形果の発生が少ない品種です。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●甘湧 (かんゆう)


9粒
 

秀品率の高さとシャリ感にこだわった 食味本位の大玉スイカ

●特性
  1. 肉質は緻密でシマリ、シャリ感に富む食味のよいスイカです。肉色は鮮桃紅色で色ムラ少なく、糖度は12〜13度に安定し、中心から皮際までの糖度差が少ない特長があります。
  2. 初期の分枝性が強く、子づるの発生が良好で3本整枝1果収穫はもちろん、4本整枝2果収穫において2果の大小差が少なく、大玉によく揃います。
  3. 大玉狙いの多肥栽培でも2次肥大に伴う変形・空洞果の発生がごく少ない品種です。また、在圃期間が長いので収穫が安心です。
  4. 果実は豊円形で濃緑の果皮にごく太い鮮明な縞をあらわす7〜 8kgの大玉になります。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
●栽培のポイント
  1. 播種・育苗: 播種培土は適度な保水性と通気性を持つもので、窒素成分が少なくリン酸成分主体のものが良い。発芽温度は25 〜28℃で一斉発芽に努めて下さい。発芽までの低温、水分過多は発芽不良の原因になります。播種後は十分に潅水し、床土が乾きかけの時に発芽するのが基本。発芽後は、接木時に15℃位になるよう徐々に温度を下げし、硬い軸にする。こ の品種は胚軸が太く接木時の接合面積が多いため、接木後の活着が極めてよく、がっちりとした良い苗に仕上がります。
  2. 定 植: 苗は本葉4〜5枚の大苗にしてから定植する。甘湧は子づるの発生が良い品種ですが、若苗定植すると、先に出た子づるが強くなり、子づるの伸長が不揃いになりやすい。低温時期を除いて、若苗定植は避けて下さい。定植は15℃以上の地温を確保して、なるべく晴天の午前中に行い、十分に潅水してください。促成・抑制栽培で地温15℃以下となる時期 は根傷みの原因となるため、午後2時以降の潅水は避けます。
  3. 摘芯・整枝: 本葉5 〜6枚で親づるを摘心し、子づるが30cmほどに伸びた頃、仕立て本数分の揃ったつるを残して整枝して下さい。子づるが1m ぐらいに伸びたら、1回目のつる引きをし、伸びた孫づるを摘み取ります。さらに18節前後に雌花が見えた頃に着果節位までの孫づるを除去し2回目のつる引きをします。着果節位以降の孫づるは放任で構いません。(孫づるは発生都度に摘み取らず、2回のつる引き時に行って根の張りを促 してください)
  4. 交 配: その日開花した雌花の位置からつる先までの距離が草勢判断の基準となり、30〜40cmぐらいが丁度良い草勢です。それより短い場合は草勢が弱く、長い場合は草勢が強すぎます。草勢が強すぎると着果不良となりやすく、弱いと着果はしやすいものの着果後に草勢が低下して肥大しに くくなります。交配期は花芽を冷やさないように15℃以上の温度を確保 してください。
  5. 収穫まで: 着果確認後、3本仕立ての場合は1果、4本仕立ての場合は2果の形状の良い果実を残して摘果します。交配後30日ぐらいまでは果皮が硬化 しないように十分潅水して果実肥大を促してください。その後は、徐々に潅水量を減らし、中身の充実を図ってください。熟期は5月下旬〜6月上旬収穫で交配後50〜 53日、6月中旬収穫で47〜50日、7月収穫で40〜45 日が目安ですが、気象、栽培条件により前後するので、必ず試し切りを行い完熟で収穫してください。




●みかく


12粒
 

耐病性・味と作りやすさが自慢!

◆特性
  1. 果重5〜6kg、やや腰高の豊円球で、果皮はつやのある濃緑色です
  2. 果肉の色は鮮桃紅色で肉質軟らかく多汁、糖度は12度前後で安定し、食味は最高です。種子は小さく、果皮は薄いが弾力があり輸送に耐えます。
  3. 葉茎はやや太く、草勢は旺盛で早期着果性が強く、蔓ボケになりにくい品種です。初期の蔓伸びはやや緩慢ですが、間もなく他種に追いつきその後追い越 します。
  4. 変形果は少なく、初期から整一な美果を豊産し、また蔓もちがいいので未成の果実まで肥大します。
  5. 早生品種ですので、盛夏期なら開花後28日位で完熟、市場出荷に有利です。
  6. ツルワレ病に強い抵抗性を持ち、輪作年月の短い圃場や、嫌地現象のでやすいところでも接木なしで 栽培できるほどの丈夫さです。
  7. 低温伸長もよく、着果しやすく熟期も早いので、普通栽培の他、ハウス・トンネルの早出し栽培にも適 します。
◆栽培の要点
  • 着果が多いので実肥・追肥は他種よりやや多く与えて下さい。
  • 変形果の少ない品種ですが、元成りの変形は避けられませんから、17〜18節以下の着果は思い切って摘除してください。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●夏まくら


8粒
 

ユニークな外観! 果肉のしまり・シャリ感に富むスイカ

●特性
  1. 肉質が緻密で均質、果肉がよくしまり、シャリ感に富むスイカです。
  2. 楕円形の果形が特徴的です。糖度は13度以上になります。
  3. 7月収穫で果重8kg以上の大玉が狙える豊産種です。
  4. 草勢の強さは中程度で、切込みが浅い大葉です。 雌花着生と着果は良好です。
  5. 収穫後の店もちが抜群に優れます。
下記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●キャノンボール


8粒
 

純日本系から作出した、 食味最高、糖度の高い黒皮赤肉西瓜

●特性
  1. 生育旺盛、ツルはやや細く中葉、伸長力は良好です。 熟期は中生で大型トンネルからキャップ栽培向きの品種です。
  2. 果実はツヤのある黒紫色で玉揃いよく、 果重7〜8kgになる大玉種です。
  3. 果肉は色ムラの少ない線紅色、肉質は繊維が極めて少なく適度のしまりとシャリ感強く、収穫後の肉質の安定度の高い品種です。
  4. 糖度は非常に高く12度から時には13.5度程度にもなり
    現代主流の大玉縞皮系品種と比較してもひけをとらない最上の食味です。
  5. 鳥害(カラス)をうけにくい特性をもっています。
  6. 本種は黒皮の品種ですが、栽培条件によりわずかに縞が生じる場合があります。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●月美人 (つきびじん)


7粒
 

外観ユニーク 濃黄果肉で食感上品!!

●特性
  1. 外観にインパクトがあります。
    他にはない黒緑色の外皮、鮮やかな濃黄色の果肉で目立ちます!
  2. 大玉になります。
    非常に玉伸びがよく、7kg前後のボリュームある果実が安定して収穫できます。
  3. 輸送性に優れます。
    硬い外皮は輸送性が高く、裂果の心配がありません。
  4. 上品な食味です。
    糖度は12度以上で安定し、クリーム(黄肉)スイカ独特の上品な食味です。またクリーム西瓜としては果肉が締まっており、適度のシャリ感があります。
  5. 幅広い作型で栽培できます。
    低温伸長性があり、着果性がよいのでハウス〜大型トンネル栽培に最適の品種です。また、露地栽培にも適します。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
●栽培のポイント
  1. 初期の分枝数がやや少ない品種のため、若苗定植で小づるの発生を促します。
  2. 着果節位は18〜23節の3番花を目安として4本仕立で2個着果(収穫)をお勧めします。
  3. 低温伸長性があり初期生育が安定しているため、着果初期から中期の肥大(玉伸び)が、とても良好な品種です。
  4. 着果後の草勢はややおとなしくなるので、適度な追肥を行い生育後半まで草勢を維持し、ボリュームのある果実を収穫します。
  5. 着果後20日頃(肥大期)までは潅水を多めにし、25日頃から潅水を控え、果肉の締まり、糖度の上昇を図ります。
  6. 収穫の目安は5月収穫で着果後48〜50日程度、6月収穫の場合で43〜45日程度、7月収穫で40〜43日程度が目安です。
    (日数は気象・栽培条件により前後します)
  7. 本種は黒皮の品種ですが、栽培条件によりわずかに縞が生じる場合があります。





中玉スイカ

新世界#29
 




●新世界 (しんせかい)

8粒
 
種子が極小さく、そのまま食べられる!新発想の中玉スイカ!

●特性
  1. タネごと食べられる新発想の中玉スイカ。米つぶ大の種子はほとんど気にならずそのまま食べられます。
  2. 従来のスイカ品種と同じ方法で栽培できます。3倍体スイカのような受粉樹との混植は不要です。
  3. 淡緑色の果皮に太い縞が入る外観。果形はやや腰高形で、果重は4.0kg前後でよく揃います。
  4. 糖度は12度以上で安定し、シャリ感の強い食感で美味しいスイカです。肉質がシマっているため棚持ちに優れ、盛夏期でも栽培できます。
  5. 熟期は、6月収穫で交配後38〜40日、7月収穫で35〜37日。
●栽培のポイント
  1. 大玉スイカに比べて、30%程度減肥します。
  2. 仕立て方は、トンネルでは子づる5本仕立て3〜4果収穫が基本です。
  3. 外観や打音からの収穫期判断は困難なため,必ず着果標識を行い、試し切りにより判断してください。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●マイボーイ


8粒
 

輸送性・日持ち性抜群 シャリ感あふれる黒皮赤肉ミディ

●特性
  1. 草勢は中くらい、葉はやや立ち葉で硬く蔓の伸長は低温期でも良好です。
    雌花の着生も安定し、花粉の発生も強く着果が容易で安定した収穫が望めます。
  2. 外皮は正球形の黒緑色で玉揃いよく球重3.0〜4.0kgのミディ西瓜です。
  3. 果肉は朱鮮紅色でややしまり気味の肉質はシャリ感にあふれ、糖度12度以上に安定し食味良好です。
  4. 外皮は薄く5mm前後ですが十分な硬さをもち、輸送中の裂果や生育中の生理的な裂果もほとんどありません。
  5. ハウス・大型トンネルから露地栽培の8月収穫まで幅広い作型に適します。
  6. 本種は黒皮の品種ですが、栽培条件によりわずかに縞が生じる場合があります。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●ボンゴ


7粒
 

実生栽培のできる黒皮中玉、 高糖度楕円スイカ!

●特性
  1. 果実は5〜6kg の中玉黒皮楕円形品種です。
  2. 果肉は鮮桃紅色でシマリが有りシャリ感に優れ糖度は12〜13度に安定します。
  3. 葉は切れ込みの深い大葉で蔓は太く草勢が強いです。
  4. 果皮は硬く輸送性、棚持ち性にも優れています。
  5. フザリウム抵抗性が有り、実生での栽培も可能です(但し、抵抗性ですが菌密度の高い圃場では発生が見られる場合があります)
●栽培のポイント
  • ハウス半促成から露地栽培に適します。
  • 草勢が強いので元肥は一般的な大玉品種よりチッソ、カリを20〜30%控えて下さい。
  • 4本整枝2果収穫が最適で、着果後追肥をして収穫までの草勢維持に努めて下さい。
  • 熟期は6月収穫で48〜50日、7月収穫で44〜46日を目安に必ず試し切りをしてから収穫してください。
  • 本種は黒皮の品種ですが、栽培条件によりわずかに縞が生じる場合があります。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●夏まくらJr (なつまくらジュニア)


7粒
 

手頃な楕円ミディーサイズ 食味抜群!

●特性
  1. つるは中細で葉は切れ込み深く、やや大葉で草勢は中位です。
  2. 縞皮楕円形のユニークな果形で果重4〜5kgの中玉種です。肉質は緻密でシャリ感に富み糖度は13度以上になります
  3. 果皮がとても硬く、輸送時の裂果事故が格段に少ない品種です。
  4. ハウス〜トンネル栽培に適しますが露地栽培の高温期出荷でも果肉の変質が少ない品種です。
下記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●黄衛門 (MWX-958)


7粒
 

ユニークな楕円黄皮赤肉、手頃なミディーサイズ!

●特性
  1. 淡黄色の外皮に濃黄色の縞が入る独特な外観の楕円赤肉中玉スイカです
  2. 草勢は中位で着果性に優れる。生育途中で葉脈部分が黄色くなります。
  3. 果形は楕円形、果重は4〜5kgでよく揃います。
  4. 同タイプのスイカとしては、硬めの肉質でシャリ感が強く食味が良い。また、収穫前の生理的裂果が少ない品種です。
●栽培のポイント
  • 生理的裂果の少ない品種ですが、生育後半の強草勢や潅水には注意してください。
  • 葉脈が黄色くなるため、草勢が低下したように感じますが、吸肥力が強いので急な追肥や潅水はしなよ う注意してください。
  • 果実の日裏は黄色に着色しにくいので、まんべんなく発色させるため、少なくとも収穫1週間前には玉返しを行います。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。







シードレス西瓜

ほおばれBK #14

 




●ほお晴れ (ほおばれ/MWX-503)  シードレス大玉すいか


8粒
 


ほお晴れ®は丸種の登録商標です

これがスイカの“革命果”!

●特性
  1. 思いっきり頬張れる! 三倍体(シードレス)スイカのなかでもシイナが特に小さく、非常に食べ易いスイカです。
  2. ユニークな外観! 淡緑〜緑色の果皮に太い縞をもつ、やや腰高の特徴的な果実外観です。果重は3本整枝1果収穫で7〜8kg、4本整枝2果収穫で6〜7kgになります。
  3. 糖度が高く、良食味! シャリ感に富み、肉質のよくシマった大変美味しいスイカです。糖度は非常に高く、13〜14度に安定します。
  4. 変形果・空洞果が少ない! 草勢がごく強いものの、変形果の発生が少ない品種です。また、三倍体スイカとしては外皮が薄く空洞果が少ないので、カット売り向きの品種としても有利に販売できます。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
●栽培のポイント
  1. 低温期には変形果が発生しやすくなるので、6月下旬以降に収穫する作型に適します。
  2. 発芽に適した床土温度は普通種よりも2℃程度高く、良好な発芽には30〜32℃が必要です。
  3. 着果には受粉種(普通種)が必要です。三倍体種を2に対して受粉種が1の割合で混植します。受粉種としては、特に低温期の花粉発生が良く、混植するので外観で三倍体品種との区別が可能な品種が適します(宇治交配「甘喜」を推奨)。
  4. 3本整枝1果穫り、あるいは4本整枝2果穫りの栽培に適します。子づるの第18〜20節(3番花)を目標に着果させます。
  5. 草勢がごく強く側枝の発生が旺盛な品種です。子づるから発生した側枝は着果節上位を含めて全て摘除し、つる先はハウスサイドで摘心します。特に減肥する必要はありませんが、変形果の発生を抑えるため、生育期間を通して草勢をややおとなしめに管理し、原則として追肥は施しません。
  6. 収穫期の過潅水は空洞果の発生を助長しますので、収穫間近は潅水を控えます。
  7. 熟期は6月下旬収穫で交配後47〜50日・7月収穫で44〜46日が目安ですが、気候や栽培条件により前後しますので、熟期判定は必ず試し切りにより行ってください。




●ほお晴れBK (MWX-401) シードレスすいか


8粒
 


ほお晴れ®は丸種の登録商標です
種が少なく食べやすい、果肉のしまり、シャリ感に優れた黒皮シードレススイカ!

●特性
  1. 食味に優れる黒皮シードレス!
    果肉は硬くシャリ感に富む、大変おいしいスイカです。糖度は13度内外で安定します。
  2. ユニークな外観!
    縞がほぼ見えない暗黒色の果皮で差別化しやすい外観です。果形はボリューム感のある豊円形で 果重は7〜8sになります。
  3. 食べやすい!
    三倍体スイカの中でも特にシイナが小さく、非常に食べやすいスイカです。
  4. 作りやすい!
    草勢は非常に強いものの、三倍体スイカとしては形状が乱れにくく変形果の発生が少ないので、カッ ト販売向けの品種としても有利に販売できます。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
●栽培のポイント
  1. 低温期には変形果が発生しやすくなるので、6月下旬以降 に収穫する作型に適します。
  2. 草勢が非常に強いため、強勢台木の使用は避け、普通大玉スイカより基肥を3割程度、減肥して下さい。
  3. 子づる3本整枝1果収穫、あるいは4本整枝2果収穫の栽培に適します。低節位に着果した果実は、扁平形になりやすいので、子づるの3番花(18〜20節)を目標に着果させます。
  4. 発芽適温は普通スイカよりも2℃程度高い30〜32℃です。
  5. 三倍体スイカ自身の花粉では着果しません。必ず、普通スイカの花粉を用いて交配してください。
  6. 果実肥大期以降に発生する強い側枝を放置すると、空洞果の発生を助長しますので、適宜摘み取って下さい。
  7. 熟期は6月下旬収穫で交配後47〜50日、7月収穫で44〜46日目が目安ですが、気候や栽培条件によって前後しますので、熟期判定は必ず試し切りによって行ってください。




●ほお晴れBB (MWX-005)  シードレスすいか


8粒
 


ほお晴れ®は丸種の登録商標です

種が少なく食べやすい、食味の良い黒皮シードレススイカ!

●特性
  1. 食味に優れる黒皮シードレス! よくシマったシャリ感に富む肉質の大変おいしいスイカです。糖度は13度内外で安定します。
  2. ユニークな外観! 暗緑色の果皮で差別化しやすい外観、果形はボリューム感のある豊円形で果重は7〜8sになります。
  3. 食べやすい! 三倍体スイカの中でも特にシイナが小さく、非常に食べやすいスイカです。
  4. 作りやすい!草勢は非常に強いものの、三倍体スイカとしては形状が乱れにくく変形果の発生が少ないので、カッ ト販売向け品種としても有利に販売できます。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
●栽培のポイント
  1. 低温期には変形果が発生しやすくなるので、6月下旬以降 に収穫する作型に適します。
  2. 草勢が非常に強いため、強勢台木の使用は避け、普通大玉スイカより基肥を3割程度、減肥して下さい。
  3. 子づる3本整枝1果収穫、あるいは4本整枝2果収穫の栽培に適します。低節位に着果した果実は扁平形になりやすいので、子づるの3番花(18〜20節)を目標に着果させます。
  4. 発芽適温は普通スイカよりも2℃程度高い30〜32℃です。
  5. 三倍体スイカ自身の花粉では着果しません。必ず、普通スイカの花粉を用いて交配してください。
  6. 果実肥大期以降に発生する強い側枝を放置すると、空洞果の発生を助長しますので、適宜摘み取って下さい。
  7. 熟期は6月下旬収穫で交配後47−50日、7月収穫で44−46日目が目安ですが、気候や栽培条件によって前後しますので、熟期判定は必ず試し切りによって行ってください。




●ほお晴れBJ (ブラックジュニア/MWX-701)  シードレス中玉すいか


8粒
 


ほお晴れ®は丸種の登録商標です

ほお晴れの黒皮タイプ、手頃な中玉サイズで食味最高!

●特性
  1. 思いっきり頬張れる!
    三倍体(シードレススイカ)のなかでもシイナが特に小さく、非常に食べやすいスイカ。
  2. ユニークな外観!
    縞がほとんど透けない黒緑色の果皮で差別化しやすいユニークな外観です。果形は正球形で、 3〜4kgの中玉スイカ。
  3. 糖度が高く、良食味!
    シャリ感に富み、肉質のよくシマった大変おいしいスイカです。糖度は12度以上で安定します。
  4. 作りやすい!
    三倍体スイカとしては草勢が大人しいため、着果が良く形状が乱れにくい。また、多づるで栽培した場合でも、大小なくよく揃います。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。
●栽培のポイント
  1. 低温期には変形果が発生しやすくなるので、6月下旬以降に収穫する作型に適します。
  2. 草勢が強いため、普通大玉スイカより3割程度減肥して下さい。
  3. 整枝栽培の場合は、子づる5〜6本仕立て4果収穫、露地栽培では、株間90cmで株当り5〜6果収穫を基本とし、3番花(18〜20節)を目標に着果させます。
  4. 発芽適温は普通スイカよりも2℃程度高い30〜32℃です。
  5. 三倍体スイカ自身の花粉では着果しないため、着果には普通スイカの花粉が必要です。ハウス、トンネルでは人工交配が基本。雨除けのない露地栽培の場合、普通スイカを 1〜2畝ごとに栽培すればミツバチ交配が可能です。
  6. 果実肥大期以降に強い側枝を放置すると形状が乱れるので、適宜摘み取ってください。
  7. 熟期は6月下旬収穫で交配後45〜47日、7月収穫で42〜44日が目安ですが、気候や栽培条件によって前後しますので、収穫期は必ず試し切りによって判定してください。






小玉スイカ
 





●姫甘泉 (ひめかんせん)


8粒
 

シャリ感あふれる果肉! 輸送性・日持ち性抜群! 小玉スイカの逸品

●特性
  1. 大玉スイカに遜色ないシャリ感あふれる果肉が特徴です。 果皮は濃緑色で縞が太く鮮明です。
  2. 果皮は薄く3mm前後ですが十分な硬さをもち少々のことでは割れません。 輸送中の裂果や生育中の生理的な裂果が格段に少ない品種です。
  3. 夏が旬の小玉です。「スイカが最もおいしい夏に小玉を」との声に応えました。
  4. 2番果が1番果と変わらぬ品質です。13度以上の糖度と強いシャリ感を持ち食味最高です。7月〜8月の高温期収穫でも果肉の変質や軟化が殆どありません。
  5. ハウス・大型トンネル栽培が主体の品種ですが、 露地栽培の8月収穫や抑制栽培での10〜12月収穫にも適します。
  6. 種子が少なく食べやすい、皮際まで甘い、1個売りサイズ、皮が薄く生ゴミが少ない等、「姫甘泉」は新時代を拓くスイカです。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●ホーム姫甘泉


8粒
 

作りやすく、とても美味しい 小玉スイカ!

●特性
  1. スイカの美味しさは肉質が決め手です。ホーム姫甘泉は今までやわらかかった小玉スイカの肉質をしめて、シャリ感を強くしました。糖度も12度以上、皮際までとても甘い品種です。
  2. 雌花の着生、雄花の花粉の出がよいので、家庭菜園でも容易に栽培することができます。
  3. 果実は2〜3kgの大きさで食べきりサイズ。丸ごと冷蔵庫にも入ります。
  4. 小玉スイカは皮が薄いので収穫前の裂果が心配ですが、『ホーム姫甘泉』は皮が硬くほとんど割れません。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●姫甘泉シャリエ (MWX-825)


7粒
 

耐暑性のある小玉スイカでシャリ感強く、高温期でも棚持ちよし!

●特性
  1. シャリ感に富む良くシマった肉質で、7〜8月の高温期での収穫でも日持ち性に優れます。糖度は12〜13度に安定し、食味良好です。
  2. 葉は小玉スイカとしては大きく草勢はやや強いが、着果性に優れます。生育後半のつる持ちがよく2番果収穫も容易です。
  3. 果重は2〜2.5kgでよく揃います。
  4. 果皮は硬く、生育期間や輸送中の裂果はほとんどありません。
  5. 外皮は濃い緑色に太い縞が入り、見栄えのする外観です。
●栽培のポイント
  1. 元肥は、大玉スイカより30〜40%少なくします。
  2. 20節前後に咲く、3番花以降に着果させます。
  3. 仕立て方法は、ハウスで子づる4本仕立て3果収穫、トンネルで子づる5、6本仕立て4果収穫が基本です。
  4. 熟期は6〜7月収穫で開花後32〜35日が目安です。外皮が硬いため打音に頼らず試し切りによって熟期を確認して下さい。その他の栽培方法は姫甘泉に準じます。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●姫甘泉ブラック (MWX-024)


7粒
 

姫甘泉黒皮タイプ。シャリ感に富み食味上々!!

●特性
  1. 暗緑色の外皮にうっすら縞が入る特徴的な外観の黒皮赤肉小玉スイカです。
  2. 草勢は中位〜やや強め、蔓の太さは中太で葉は切れ込みの深い中葉です。果形は正球〜やや腰高球形で、果重は2.5〜3.0kgでよく揃います。
  3. 果肉は鮮紅色で色ムラが少なく、糖度は12度以上で安定し、シャリ感の強い食感で美味しいスイカです。肉質がシマっているため棚持ちの良い品種です。
  4. 熟期は「姫甘泉」と同程度で、6月収穫で交配後35〜38日、7月収穫で30〜32日が目安となります。
  5. 外皮は薄いですが非常に硬いので、輸送中の裂果や生理的裂果が極めて少ない品種です。
●栽培のポイント
  1. 大玉スイカに比べて、30%程度減肥します。標準的な施肥成分量は10a当り窒素が7〜10kg、リン酸が15=20kg、カリが13〜15kgです。
  2. 特に高温期は果実表面に焼けを生じやすいため、液肥や有機質肥料で追肥し、草勢を衰えさせないように注意してください。
  3. 果実の日裏は着色しにくいので、まんべんなく発色させるため、少なくとも収穫1週間前には玉返しを行って下さい。
  4. 外観や打音からの収穫期判断は困難なため、必ず着果標識を行い、試し切りにより判断してください。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●姫新月 ( ひめしんげつ MWX-315 )


7粒
 

シャリ感にあふれ、食味に優れる黒皮小玉スイカ!

●特性
  1. 外皮は縞がほとんど見えない暗緑色で特徴的な外観の黒皮赤肉小玉スイカです。
  2. 草勢はやや強く、葉は切れ込みが深く小ぶりです。果形は豊円形、果重2.5kg前後でよく揃います。
  3. 果肉は鮮紅色、糖度は12度以上で安定し、シャリ感の強い食感で美味しいスイカです。肉質がシマっているため棚持ちの良い品種です。
  4. 外皮は薄いですが、硬いため生育中の生理的裂皮、裂果はほとんどなく、輸送性に優れます。
  5. 熟期は「姫甘泉」と同程度で、6月収穫で交配後35〜38日、7月収穫で30〜32日が目安となります。
●栽培のポイント
  • 大玉スイカに比べて、30%程度減肥します。
  • 果実の日裏は着色しにくいので、まんべんなく発色させるため、遅くとも収穫1週間前には玉返しを行って下さい。
  • 草勢が弱ると果皮の色が薄くなり、高温期には玉焼けの原因にもなるので、収穫時期まで草勢を維持するようにします。
  • 外観や打音からの収穫期判断は困難なため、必ず着果標識を行い、試し切りにより判断してください。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●姫まくら


7粒
 

あふれるシャリ感 うまさ新次元。 楕円形小玉スイカの逸品!!

●特性
  1. 草勢は旺盛で蔓細く葉は切れ込みの深い中大葉です。
  2. 果実は2〜2.5kgの長円形で、果皮は緑色が濃く太い縞を表します。
    果肉は濃鮮紅色で色ムラすくなく、肉質は大玉品種「甘泉」程度に締まり
    シャリ感に富み食味は大変に優れます。
  3. 果皮は4〜5mmと薄いですが、硬度は十分で、輸送中の裂果や生理的裂果は極めて少ない特徴があります。また、2番果の品質低下も少ない品種です。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●姫まくらゴールド (MWX-821)



7粒
 

クリームスイカの肉質をアップ!シャリ感に優れ、食味の良い楕円小玉スイカ。

●特性
  1. 姫まくらの黄肉タイプ、珍しい黄肉楕円小玉です。
  2. 葉はやや大型、草勢は強めですが、着果性に優れます。
  3. 果重2〜2.5kgの長楕円型、外皮の緑色が濃く、太い縞が入ります。
  4. クリームスイカとしては、肉質が硬くシャリ感が強い 品種です。果肉は鮮やかな黄色で、糖度は12〜13度、コクのある甘みで食味が良いです。
  5. 「姫まくら」より、2日程度早く収穫できます。
●栽培のポイント
  • 仕立ては、ハウスで子づる4本仕立て3果穫り、トンネルで子づる5本仕立て4果穫りが基本です。 交配〜初期肥大期が低温になると、特徴である楕円形になりにくい場合があるため、この期間の保温に努め、極端な前進栽培は避けます。
  • 低節位に着果させると楕円形になりにくい場合があるため、20節前後につく3番花に着果させます。
  • 登熟日数は、5月収穫で38日、6月収穫で35日、7〜8月収穫で30日前後が目安ですが、収穫期判断は必ず試し切りによって行ってください。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●黄坊 (MWX-963)



7粒
 

ユニークな黄皮赤肉小玉、シャリ感に優れ食味上々!

●特性
  1. 淡黄色の外皮に濃黄色の縞が入る独特な外観 の赤肉小玉スイカです。
  2. 草勢は中位で着果性に優れる。生育途中で葉脈部分が黄色くなります。
  3. 果形は正球形、果重は2〜2.5kgでよく揃います。
  4. 同タイプのスイカとしては、硬めの肉質でシャ リ感が強く食味が良い。
    また、収穫前の生理的裂果が少ない品種です。
  5. 「姫甘泉」より、3日程度早く収穫できます。
●栽培のポイント
  1. 生理的裂果の少ない品種ですが生育後半の強草勢や潅水には注意してください。
  2. 葉脈が黄色くなるため、草勢が低下したように感じますが、吸肥力が強いので急な追肥や潅水はしないよ う注意してください。
  3. 果実の日裏は黄色に着色しにくいので、まんべんなく発色させるため、少なくとも収穫1週間前には玉返 しを行います。
  4. 「姫甘泉」に比べると、収穫期が短いため穫り遅れに注意、収穫期判断は必ず試し切りによって行ってください。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。





超大玉・特殊系

大笑#27




●サンビスタ (MWX-279R)




7粒
 


実生栽培のできる縞皮大玉、高糖度楕円スイカ!

●特性
  1. 果実は8〜10kg 以上になる大玉太縞皮楕円形品種です。
  2. 果肉は鮮桃紅色やや荒い肉質ですが、シャリ感、シマリが有り12〜13度に安定します。
  3. 葉は丸みある大葉で蔓は太く草勢は強いです。
  4. 果皮は硬く輸送性、棚持ちも優れています。
  5. フザリウム抵抗性が有り実生での栽培も可能です。(但し、抵抗性ですので菌密度の高い圃場では発生が見られる場合があります)
●栽培のポイント
  1. ハウス半促成から露地栽培に適します。
  2. 草勢が強いので元肥は一般的な大玉品種よりチッソ、カリを20〜30%控えて下さい。
  3. 3本整枝1果収穫で、着果後追肥をして10kg以上を目指 して下さい。
  4. 熟期は6月収穫で50〜52日、7月収穫で46〜48日を目安に必ず試し切りをしてから収穫してください。
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。




●大笑 (おおわらい/MWX-007)



7粒
 

超大玉で食味に優れ、イベント等にも向くジャンボスイカ!

●特性
  1. 果実は10〜12kg以上になる超大玉楕円形品種です。
  2. 淡緑〜緑色の果皮に淡い緑の太い縞を持つ特徴的な果実外観です。
  3. 果肉は鮮桃紅色でやや荒い肉質ですが、シャリ感、シマリがあり糖度は12〜13度に安定します。
  4. 果皮は硬く輸送性、棚持ちも優れています。
  5. 超大玉で空洞果になりにくいので、サイコロカットなどの加工用スイカとしても適性があります。
●栽培のポイント
  • ハウス半促成から露地栽培に適します。
  • 熟期は6月収穫で50〜52日、7月収穫で46〜48日を目安に必ず試し切りをしてから収穫してください
上記標準栽培表参考に貴地の気候に合わせて栽培して下さい。








お問い合せはこちら→tane@marutane.com